食品素材メーカーのユニテックフーズ~世界各地から原料を厳選食品素材メーカーのユニテックフーズ~世界各地から原料を厳選

食品開発にまつわる課題を解決します

酸性乳飲料の口あたりを改善する新ペクチン AYDR6060SBのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

酸性乳飲料へのペクチンの活用

酸性乳飲料やドリンクヨーグルトの安定剤として増粘多糖類がよく使用されています。その中でも、HMペクチンは、酸性域での乳タンパク質の凝集・沈澱防止に効果があり、安定剤として多くの製品に使用されています。
近年、付加価値の高い食品が市場には増えていますが、そのうちの一つとして高カルシウム含有の酸性乳飲料やドリンクヨーグルトが注目を浴びています。しかしながら、カルシウム含量が増えることで、HMペクチンのカルシウム反応性によって、高粘度となり、製造ラインや飲み口に大きな影響を与えてしまうという課題もありました。
今回は、酸性乳飲料やドリンクヨーグルト中のカルシウム含量増による粘度上昇を抑えることができる新HMペクチン『UNIPECTINE™ AYDR6060SB』を紹介します。

Ca強化酸性乳飲料向け AYDR6060SB

実際にAYDR6060SBの効果をご紹介します。発酵させたヨーグルトベースを作成し、無脂乳固形分8%、pH約4.4、Bx15~16になるようにドリンクヨーグルトを調整しました。カルシウムは、ドリンクヨーグルト100gあたり250mg含まれるように設計しました。試験区は、従来HMペクチンを0.2%添加区をコントロールとし、AYDR6060SB 0.2%添加区、または、0.25%添加区を作製しました。
従来HMペクチン添加区では、調整中にカルシウムと反応し、部分的なプレゲル化したのに対し、AYDR6060SB添加区では、安定なドリンクヨーグルトを調整することができているのがわかります(図1)。
またAYDR6060SB添加区は、コントロールに比べて粘度が低く、飲み口もすっきりしていました。さらに、AYDR6060SB添加区の方がホエイオフを抑えられているという結果が出ています(データ省略)。これら結果より、AYDR6060SBはカルシウム強化タイプドリンクヨーグルト系において、粘度を抑えてすっきりとした食感を維持しつつ非常に安定化力が高いペクチンであることがわかります。

まとめ

酸性乳飲料向け新ペクチンAYDR6060SBは、カルシウムを多く添加した系でもプレゲルを防ぎ、粘度上昇を抑えつつも、高い乳たんぱくの安定化効果が期待できます。
今回はご紹介しておりませんが、弊社の取り扱う酸性乳飲料向けペクチンAYDシリーズは、力価や飲み口によって複数品番を取り揃えております。従来品では対応が難しかった高タンパク・高カルシウム・濃縮タイプ等の系における課題に対応することが可能ですので、ぜひお問い合せください。

  • 食品素材:取扱品目取扱品目のご紹介

    取扱品目のご紹介

    ペクチンをはじめとするハイドロコロイドを 海外の魅力あるサプライヤーから取りそろえ、 使用ノウハウとともにお客さまへご提案しています。

  • 開発ヒント

    開発ヒント

    食品素材の技術情報やユニテック商品を活用したレシピ、海外市販品情報など、食品開発・企画に携わる方必見です。

  • プロモーション

    プロモーション

    当社では、毎年様々な展示会等に出展しております。 これらの展示会を通して、 食品業界へ当社の製品・技術を発信しております。

  • 通信販売のご紹介

    通信販売のご紹介

    当社で扱う様々な商品を 便利な通信販売にてご購入いただけます。 豊富に商品を取りそろえております。

  • 安心安全への取り組み

    安心安全への取り組み

    世界の各地から特長のあるすぐれた原料を厳選。 安心・安全の原料をお届けするため、流通経路の 確立されたサプライヤーのみと提携しています。

  • 事業内容のご紹介

    事業内容のご紹介

    天然食品素材や機能性素材を世界中の 素材メーカーから輸入し、国内食品メーカーに販売。 新商品の開発・生産支援・品質管理などを行っています。

食品開発ラボ~食品の企画・開発にかかわる人の専門メディア 食品開発ラボ~食品の企画・開発にかかわる人の専門メディア