テイクアウト商品に
使える製剤特集 Takeout

・おいしさを長持ちさせたい
・きれいな見た目を崩さない
・プラ容器を削減したい
そんなお悩みを解消します。

テイクアウト・デリバリーでも
イートインと同じおいしさを

コロナにより、外食産業において、テイクアウト・デリバリーの対応は売上を左右する重要なポイントとなりました。
しかし、いざテイクアウト・デリバリーを始めてみると、お届けまでの間に商品価値が低下してしまったり、
お客様のご自宅での再加熱を前提に商品を開発しなければならなかったりと、イートインとは全く異なる課題が発生します。
ユニテックフーズでは、テイクアウト・デリバリーでも、
貴社の商品価値を落とさないような製剤を多数ご用意しています。是非お役立てください。

お悩み1

  • お届け・お持ち帰りの間に商品価値が下がる
  • 再加熱してもできたてと同じ美味しさをお届けしたい

テイクアウト・デリバリー中に容器から液漏れが発生する、パン生地、衣にソースが染込んでしまい、商品がべちゃべちゃになってしまう、といった作りたてから、お客様が召し上がるまでの間に生じる課題を解決します。

商品から探す課題解決製剤

お悩み2

  • お召し上がり時も出来たてと同じ見た目をキープしたい

お持ち帰り・お届けの間にソースが商品に染込んで見た目も食感も悪化してしまった、そんなお悩みを解決します。

商品から探す課題解決製剤

お悩み3

  • プラ容器を削減したい

麺類や餡かけの中蓋を削減したい、調味料のカップを削減したい、といったプラ容器削減のための商材をご用意しています。

商品から探す課題解決製剤